地元に帰ろう♪地元で会おう~♬

なんて日だ! 寒いにもほどがあるってくらい冷えた1日でした

オカンの実家は海抜500mの高原(山のてっぺん)なので、ぼぶ家よりも更に寒い

その地元の春祭りがあり、母に代わって沢山のご馳走を作り遊びに行きました

高山祭のような派手さはありませんが、昔から6台の山車が出ます。
そして、糸きりからくりが県の重要無形文化財になっている「久田見だんじり祭り」
P4200496.jpg

P4200506.jpg

毎年、各自治会で話題性のある題材を決め、当日まで秘密裏に作られていきます。すべて古くからの伝統の手作り。
台座の下では、からくりの糸を引いたり切ったりしながら真剣に操作していきます。


我が自治会の「式年遷宮」動きが滑らかで拍手喝采
P4200509.jpg


ザックジャパン
P4200503.jpg


風立ちぬ
P4200495.jpg


お・も・て・な・し
P4200494.jpg


男子は、小さい頃に太鼓や鼓打ちを経験しています。そして笛吹きやだんじりの曳き手になります。
若者は、年々地元から外部へ働きに出て行きますが、お祭りには故郷に帰り伝統を受け継いでいきます。
普段は岐阜市に住む我が弟も今年は曳き手なっておりました。


保存会の皆さんの真剣な眼差し
P4200507.jpg


神社が2つあり、午前と午後に分けて神事とからくりを披露します。
今年は雲行きが怪しかったので、少しはしょってやりましたが、無事終了
笛や鐘を鳴らしながら、それぞれの山車蔵へ帰って行きます
P4200512.jpg


このグレーのジャージズボンの引手は、潤君!
直木賞作家で、半沢直樹の原作者の池井戸潤氏です
彼も外に仕事に出ている地元人。楽しそうに曳いてました。
P4200513.jpg
彼の自治会の出し物は「風立ちぬ」 
誰かが冗談で「半沢の倍返しかと思った」なんて言ってましたが、地元の皆のお祭りですからそんなことないわさ 


同級生に出会ったり、屋台でタイ焼きやういろう買って、久しぶりの地元楽しみました


ただいま。今日はぬくぬく寝ていたぼぶとぴーこ姉
140420_213741.jpg

おりこうさん
140419_224301.jpg
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

近所の神社の夏祭りでも、お店を閉める店主や、有給(平日なので)取って仕事休んじゃう人が大量発生します(笑)。
地元のお祭りって、同窓会みたいなものですよね。

ぼぶとぴーこはお土産もらえたのかな?

BOBの相棒さま

ほんと、地元の祭りって胸踊ります(o^^o)
嫁ぎ先の方が年月長くなったのに、気持ちがいつでも戻れます。
「皆オッサンニなったねぇ」って言ったら、「お前さんも相当オバハンやで」と返された(笑)
ぼぶとぴーこに土産…鯛焼きってなわけにいかないなぁ。
プロフィール

ぼぶまま

Author:ぼぶまま
ぼぶの田舎ライフwithオカン!と、ときどきむすこ
岐阜の片田舎での初のわんこライフを過ごしています。

月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
いくつになったの
ぼぶが生まれてから・・・
フリーエリア
リンク
QRコード
QR